Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

「IoT」の検索結果 294件

1/30ページ
  • 2018.11.10

救いはAIとIoTのみ、老朽化で深刻さ増す水道危機

安全でおいしい──。世界に誇る日本の「水」が危機に直面している。水道事業は低迷し、職員は減る一方。老朽化した水道管の交換も遅れている。早急に対策を打たないと日々の生活や企業活動に悪影響が生じる。高い品質を保ちつつ、必要な作業を効率化するにはどうすべきか。有力な対応策としてAIやIoTの活用に期待がかかっている。 サイト名:日経XTECH https://tech.nikkeibp.co.jp/at […]

  • 2018.09.18

“IoTドア”で独居シニアの安否確認 賃貸住宅のリスク低減対策にも――NTT西日本ら、九州で高齢者見守りサービスのトライアルを実施

NTT西日本とプリンシプルは、ドアにセンサーを取り付け、IoTで高齢者の居室を見守る「スマートルームみまもり」のトライアルを開始。高齢者宅に一定期間無償で導入し、孤独死の防止や賃貸住宅の空室リスクの低減対策として、有効性やビジネススキームなどを検証する。 サイト名:ITmedia http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1809/12/news09 […]

  • 2018.09.17

2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ

国内IoT市場の市場規模は、2017年の支出額は5兆8160億円で、2022年までに年間平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)15.0%で成長し、2022年の支出額は11兆7010億円になる見込みだという。 サイト名:ITmedia http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1809/13/news132.ht […]

  • 2018.09.17

IoT活用の現場と、マルチクラウドの市場トレンド

2018年6月29日、Dell EMCは都内で「Dell Technologies World フォローアップセミナー」を開催した。これは4月30日から4日間、ラスベガスで開催した「Dell Technologies World」のエッセンスを半日に凝縮して解説するものだ。本稿では基調講演とマルチクラウドについてのセッションを紹介する。 サイト名:EZ https://enterprisezine […]

  • 2018.09.13

IoT競争の焦点は「データエコシステム/Data as a Service」 ―IDC Japan 鳥巣氏 講演

これはすべての企業にあてはまることだ。「IoTデータだけでは足りない。非IoTデータも積極的に蓄積し、適切に組み合わせ、デジタルビジネスをつくっていく発想がマネタイズに向けて必須だ」(鳥巣氏)。 そこでカギとなるのが「データエコシステム」である。「データエコシステム」とは、「IoTデータと非IoTデータを組み合わせ、新たなビジネスモデル(収益モデル)を創出するステークホルダーの集合体」を意味する( […]

  • 2018.09.09

AIやIoTを使った“未来の医療”への近道? MSが掲げる「病院がクラウド化するメリット」とは

日本マイクロソフトは、医療や製薬などのヘルスケア分野に特化した新しいクラウド推進策として、「働き方改革支援」「先端技術との連携」「コンプライアンスおよびセキュリティ」の3点を強化した戦略を打ち出した。同社が掲げる“医療現場にとってのクラウド化のメリット”とは、一体何なのか。 サイト名:ITmedia http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1809 […]

  • 2018.09.09

IoT基盤「MindSphere」は後発でも着実に成長–デジタル戦略推進のシーメンス

今後の展開で藤田氏は(1)パートナー、(2)クラウド、(3)オープンアークテクチャ――の3点を挙げる。(1)では「多様な産業分野のニーズへの対応にはパートナーシップが不可欠」とし、(2)については「エッジとの共存がポイントになる」と説明。(3)は「幅広いパートナーやエッジとの連携においてオープンであることが基本」と話す。 サイト名:ZDNET https://japan.zdnet.com/art […]

  • 2018.09.09

売価が3倍に!新しい養鶏場はIoTデータでどう価値を創出したのか?

データサイエンス、もっと言えばデータ分析や機械学習の成果を想像する時、何を思い浮かべるだろうか。「無駄や異常を発見できた」「予測が可能になった」など、「顕在化」できることであり、こうした発見が効率化や最適化に至りコスト削減に結びつく。一方で、データ自体を収集、蓄積、分析するコストを負担するだけの成果が出るのか分からず、データを活用できないかもしれない。一方、データを使ってマーケティングやブランディ […]

  • 2018.09.09

IoT・ブロックチェーン・AI――次世代ソリューションの“3種の神器”はOracle Cloudで組み合わせることでパワーが倍加する

日本オラクル株式会社 クラウドプラットフォーム戦略統括 大橋雅人氏が注目しているのが、IoTとブロックチェーンである。AI、IoT、ブロックチェーンの3つが融合して生み出す次世代のソリューションは、多くの産業でビジネスの有り様を変える力を持ちうるからだ。 サイト名:EX https://enterprisezine.jp/dbonline/detail/11023

1 30