Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

活用事例

1/11ページ
  • 2018.11.10

郵便ポストの中身が丸見えに? 日本郵便がテクノロジーで描く、物流の将来像 (1/2)

街にある郵便ポストにも創意工夫の芽はある。例えば、ポストの中身を可視化することで郵便物の集荷を効率化するというものだ。都心部などでは郵便ポストが同じ場所に2つ設置されていることがあるが、これは郵便の差し出しが集中する場合がまれにあり、一方のポストが郵便であふれてしまうことへの対策が主な理由だ。現状は集荷の回数を増やすことで対応しているが、ポストの中身を前もって知ることができれば、少ない人員で効率よ […]

  • 2018.11.10

建機と共存、睡眠不足対策に「健康KY」も

建機を隔離しづらい工事現場では長らく、人の注意で安全を担保するしか方法がなかった。ただし近年、IoT(モノのインターネット)やICT(情報通信技術)、AI(人工知能)などの発展によって、ロボットや建機と人とを隔離するのではなく、現場ではもはや「共存」を考える時代になっている。 サイト名:日経XTECH https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/0 […]

  • 2018.11.10

hugmo、昼寝中の園児を見守るサービス「hugsafety」提供開始

ソフトバンクグループで保育クラウドサービス「hugmo(ハグモー)」を提供する株式会社hugmoは、スマートフォンやタブレットなどで園児の午睡(昼寝)中の呼吸や心拍の状態の異変をリアルタイムに検知する、IoTを活用した見守りサービス「hugsafety(ハグセーフティ)」を2018年10月1日に提供開始する。 サイト名:IoTNews https://iotnews.jp/archives/107 […]

  • 2018.09.18

介護現場の人手不足を救え!センサー×ロボット連携システム

NTTデータは情報通信技術(ICT)を活用し、介護現場でのスタッフの負担軽減や利用者サービスの質の向上を支援する。カメラ、センサー、ロボットが連携し、高齢者の状態を検知して異常をスタッフに通知する介護施設向け見守りサービス「エルミーゴ」の提供を始めた。日本は高齢化率が上昇する一方、福祉・介護人材が不足している。人工知能(AI)などの最新テクノロジーを駆使し、社会課題の解決を目指す。 サイト名:ニュ […]

  • 2018.09.18

“IoTドア”で独居シニアの安否確認 賃貸住宅のリスク低減対策にも――NTT西日本ら、九州で高齢者見守りサービスのトライアルを実施

NTT西日本とプリンシプルは、ドアにセンサーを取り付け、IoTで高齢者の居室を見守る「スマートルームみまもり」のトライアルを開始。高齢者宅に一定期間無償で導入し、孤独死の防止や賃貸住宅の空室リスクの低減対策として、有効性やビジネススキームなどを検証する。 サイト名:ITmedia http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1809/12/news09 […]

  • 2018.09.17

ウェザーニューズとパナソニック、気象情報と連携する新型エアコンを発表

同製品は、ウェザーニューズが提供する気温や湿度、PM2.5や花粉の拡散予測などをもとに、部屋の空気の汚れを先読みして自動で空気清浄運転を行う「AI先読み空気清浄」と、外出時にエアコンをつけっぱなしにした場合と切った場合で、どちらが電気代を節約できるかをシミュレーションする「つけっぱなし判定」機能が新たに搭載された。 サイト名:IoTNews https://iotnews.jp/archives/ […]

  • 2018.09.17

オンライン上で子どもの安全を確保するAIを開発するBark、900万米ドルを調達

インフルエンサーコラボレーションプラットフォーム Niche(Twitterが買収)の元 CTO、Brian Bason 氏はこの深刻な統計結果を耳にし、立ち上がった。2015年、Bason 氏はアトランタで Bark を設立した。人工知能(AI)を駆使して24のソーシャルネットワークに存在するテキストメッセージやeメールから、安全を脅かす内容を特定するサービスを提供している。 サイト名:The […]

  • 2018.09.17

Samsung、Tileに対抗する忘れ物防止タグ発表――スマート・トラッカーはLTE-M対応

このトラッカーは位置判定にあたってGPSベースの他にIoTデバイス向けのLTE-M接続能力を備えている。バックパックや鍵など重要なアイテムに取り付けておいた場合、従来のBluetooth接続のトラッカーと比較してはるかに多様な状況に対応できる。つまり屋内や地下などGPS信号が届かない場所でも遠距離からのトラッキングが可能になる。 サイト名:TechCrunch https://jp.techcru […]

  • 2018.09.17

高齢者の運転見守りサービス「SmartDrive Families」が正式リリース、月額2480円

そんな課題を解決するため、スマートドライブが開発したのがFamiliesだ。クルマのシガーソケットに専用デバイスを差し込むだけで、運転の安全度や特徴などの走行データを取得することができる。取り付け工事も不要で、約5秒で取り付けが完了する サイト名:Techcrunch https://jp.techcrunch.com/2018/09/14/smartdrive-families/

  • 2018.09.17

センサーとロボで入居者見守り、東京聖新会が運用開始

東京聖新会 特別養護老人ホーム「フローラ 田無」は、ベッドサイドに設置したセンサーとロボットで入居者を見守るサービスを導入し、2018年9月10日に運用を始めた。「職員の負担軽減はもちろん、入居者のQOL(生活の質)向上に役立てたい」。同日に実施した内覧会において、東京聖新会 理事で同施設副施設用の尾林和子氏はこう語った。 サイト名:日経デジタルヘルス https://tech.nikkeibp. […]

1 11