Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

トレンド

1/6ページ
  • 2018.09.17

2022年のIoT市場規模は11.7兆円、スマートホームやスマートグリッド普及でソフトウェア/サービスがけん引――IDC調べ

国内IoT市場の市場規模は、2017年の支出額は5兆8160億円で、2022年までに年間平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)15.0%で成長し、2022年の支出額は11兆7010億円になる見込みだという。 サイト名:ITmedia http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1809/13/news132.ht […]

  • 2018.09.17

IoT活用の現場と、マルチクラウドの市場トレンド

2018年6月29日、Dell EMCは都内で「Dell Technologies World フォローアップセミナー」を開催した。これは4月30日から4日間、ラスベガスで開催した「Dell Technologies World」のエッセンスを半日に凝縮して解説するものだ。本稿では基調講演とマルチクラウドについてのセッションを紹介する。 サイト名:EZ https://enterprisezine […]

  • 2018.09.09

IFA 2018のベスト新製品ピックアップ――Alexaルーター、8Kテレビ、3軸回転ゲーム座席など

このショーが面白いのはおかしなな製品が登場するからだ。 IFAはなぜか奇想天外なガジェットを引き寄せる傾向がある。今年もその例にもれなかった。以下ご紹介するのはもっとも重要な、もっとも優れた、もっとも奇妙な製品の例だ。 サイト名:Techcrunch https://jp.techcrunch.com/2018/09/04/2018-09-03-the-best-of-ifa-2018/ &nbs […]

  • 2018.09.09

25年、1年間に生成されるIoTデータと非IoTデータの合計が163兆GBに到達

IoTデバイス接続数の急速な拡大に伴い、IoTデータは全世界的に増加していくとみられる。同時に、企業の業務システムのデータや、個人のスマートデバイスが生み出すデータなど、企業やヒトの活動が生成する非IoTデータも同様に増加する見込みだ。こうした傾向を受け、IDCではIoTデータと非IoTデータの合計が、2025年に163兆GB(ギガバイト)に達すると予測する。 サイト名:TechFactory h […]

  • 2018.08.26

ウェアラブルデバイスの世界出荷台数、2022年に1億9976万台

IDC Japanは2018年7月、2022年までのウェアラブルデバイスの「世界/国内出荷台数予測」および「市場動向予測」を発表した。2018年の全世界の出荷数は前年比8.2%増の1億2489万台。2018~2022年の年間平均成長率は12.5%で、2022年には1億9976万台の出荷を予測する。国内は、2018年が85万6000台、2022年が124万8000台と予測している。 サイト名:Tec […]

  • 2018.08.19

”つながる車”のサービス、安全性・安心感が収益化の近道:IDCが調査

■「安全性/安心感」を訴求するコネクテッドビークル関連サービスの付加価値化が、自動車メーカーにとってサービス収益化への近道 ■「効率性/快適性」を訴求するサービス領域では、明確なターゲット顧客層を設定したパーソナルアシスタントサービスの展開が収益機会を高める ■ITサプライヤーは「故障予知」といった、ユーザーの価値認識レベルが高く、かつ自動車メーカーが開発途上のソリューション提案による収益貢献シナ […]

  • 2018.08.18

IDC、世界スマートシティ関連テクノロジーの市場予測を発表

■スマートシティは2018年に全世界で810億ドル、2022年に1580億ドルまで拡大 ■ユースケース上位3つは、固定式の映像監視、先進的公共輸送、およびスマート屋外照明 ■大都市部へのスマートシティ投資は継続するため、データ主導型のアプローチで製品/サービスを開発すべき サイト名:IoTnews https://iotnews.jp/archives/105153

  • 2018.08.18

IDC、国内IoT市場「データエコシステム」事業者調査結果を発表

■産業特化型ソリューションを構築するデータエコシステムが増加。またデータをバリューチェーン/サプライチェーン横断型でつなげる取り組みも活発化 ■DaaSを通じ、データをサービスとして提供するベンダーが台頭。産官学のプレイヤーが、データの自由取引を通じたオープンイノベーションを目指す動きも加速 ■データエコシステムベンダーは、ヒトの働き方改善、ダイバーシティ加速、新たな体験の創造を目指すべく、サイバ […]

  • 2018.08.18

IoTビジネスの中におけるDPIの可能性やユースケースとは

先日開催された「Sandvine Connect」では、ソラコムの最高技術責任者兼共同創業者の安川健太氏をゲストに迎え、IoTビジネスにおけるDPIの可能性とユースケースについて、主にセキュリティと5Gによるネットワークの変化という観点から議論が行われました。 サイト名:WireLess WireNews https://wirelesswire.jp/2018/08/66409/

  • 2018.08.18

米国IICのIoTガイド「IIRA」で押さえるべき、基本・要点・実践事例とは

米国に本社を置くグローバル企業5社によって設立されたIoTの推進団体「IIC(Industrial Internet Consortium)」ですが、現在はドイツや中国を含めて、200以上の団体が名を連ねるまでに成長しました。そのIICが提供するドキュメントで中核的な役割を担っているのが「IIRA(Industrial Internet Reference Architecture)」です。今回は […]

1 6