Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

03 AI

2/78ページ
  • 2018.11.10

荷物の形状や色をAIで分析し、自動で仕分けする搬送システムを構築

アクロクエストテクノロジーは、第一工業、東洋電機と共同で、自動仕分けによる搬送システムを開発した。画像、動画解析AIソリューション「Torrentio Video」を活用し、荷物の形状や色をAIでリアルタイムに分析、判別する。 サイト名:MONOist http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1810/01/news026.html?fbclid=IwA […]

  • 2018.11.10

ディープラーニング機能を拡張したMATLAB/Simulinkの最新版「Release 2018b」

MathWorksは、MATLAB/Simulink製品ファミリーの最新版「Release 2018b」を発表した。Release 2018bでは、製品ファミリー全体にわたる新機能追加やバグ修正が行われた他、ディープラーニングに関する機能が大幅に強化された。 サイト名:TechFactory http://techfactory.itmedia.co.jp/tf/articles/1809/28/ […]

  • 2018.11.10

「第三の波」AIに20億ドル、DARPAが開発を加速

そしてDARPAが次に目指す第三の波は「文脈適応」だ。文脈(コンテクスト)に基づいて推論を行い、「変化する状況に機械が適応できる」システムという。 サイト名:クラウドWATCH https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/infostand/1144587.html?fbclid=IwAR0-aEOtzxRurPO-x-I-7Ly6bStWiinvz […]

  • 2018.11.10

AI活用でマンション売買をスマートにするHousmartが3億円を調達、事業者向けSaaSの開発も

カウルでは独自の価格推定機能を搭載。新築時の分譲価格や約1000万件に及ぶ過去の売買・賃貸事例、築年数、物件の広さ、間取り、最寄り駅情報などのビッグデータをAIで分析し、現在から35年後までの推定価格を算出する。 サイト名:Techcrunch https://jp.techcrunch.com/2018/09/25/housmart-fundraising/?fbclid=IwAR2jbLMOP […]

  • 2018.11.10

AIでOfficeが賢くなった――Microsoft Ignite 2018カンファレンス開幕

もっとも興味深い新機能はIdeasと呼ばれるものだ。これにより、まずExcelとPowerPointがスマートに利用できるようになり、日常業務が効率化される。PowerPointの場合、Ideaはプレゼンの内容に適したスライドのデザインや画像を探してくれる。Excelでは適切なグラフの候補を挙げたり、データ中の異常値を発見したりする。 サイト名:Techcrunch https://jp.tech […]

  • 2018.11.10

富士通、ものづくり分野で設計業務を効率化するAI技術を開発

富士通と富士通研究所は、ものづくりの分野において設計業務を効率化するAI技術を開発した。シミュレーションへ入力する設計データと、出力されるシミュレーション結果をAIに学習させることで、設計候補を高精度に評価。これにより、設計候補の評価に要する時間の削減が期待できる。 https://news.mynavi.jp/article/20180925-696165/

  • 2018.11.10

約22000人のクラウドワーカーが学習データを作る!GengoAIのチャーリーに聞いた自然言語処理でのデータの重要性!

今回は、Uberで自動運転のプロジェクトに携わった後、自然言語処理に当たる教師データ作成を行う株式会社Gengoに参画したチャーリーワルター(以下チャーリー)にインタビューしました。 サイト名:AINOW http://ainow.ai/2018/09/24/147120/?fbclid=IwAR2XoSQnyFkp7YMOgrjCHoyHziWuNX2PEoDEW8jlR09x9Vdqx3LfV […]

  • 2018.11.10

AIのボトルネックはハードウェアにある。現在のAIを取り巻く7つの問題

ここ数年、機械学習をはじめとしたAI技術は凄まじいスピードで進化しており、さまざまな企業が優れたソフトウェアを研究、開発しています。しかし、それを搭載するハードウェアには、以下の7つの問題が残されている、とYang氏は語ります。 サイト名:Ledge.ai https://ledge.ai/tech-in-asia-jerry-yang/

  • 2018.11.10

ハタプロとリクルートテクノロジーズ、カメラ付きの四輪駆動AIロボットを共同開発

ロボットの使用例としては、「遠隔地からのオープンキャンパス参加」やインバウンド対応を見越した「遠隔ホテル内見」などが挙げられている。さらに、今回検証した遠隔操作・遠隔情報把握技術を各店舗カメラと組み合わせることにより、空席・混雑状況把握への活用もすることも可能だ。 サイト名:ロボスタ https://robotstart.info/2018/09/20/hatapro-recruittech.ht […]

1 2 78