Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

自動運転

1/4ページ
  • 2018.09.18

音声認識大手の米ニュアンス、車載向け技術の説明会開催 デモカーでの最新ソリューション「Dragon Drive Innovation Showcase」の体験会も

音声インタフェースについては、その特徴として①最も基本的な情報伝達の方法②誰にでも③どんな状況でも④特に車載機、運転中のIFとしては最も有効—の4点を挙げ、車載システムのアプリケーションとして、エアコンの制御やナビの目的地設定のための住所や施設名の入力などにも活用できることも紹介した。 サイト名:自動運転LAB https://jidounten-lab.com/z_5885

  • 2018.09.18

ディープラーニングで最適なステアリング制御は実現するか、スバルの挑戦

周辺環境の認識では、ステレオカメラを2個の単眼カメラとし、単眼カメラ8個という扱いで個々のカメラがディープラーニングで周囲の物体までの距離を検出する。2個以上のカメラで検知エリアが重なるため冗長性を確保できるほか、複数のカメラの視差を利用して障害物までの距離を立体的に把握できるという。シミュレーションや実際の走行データをもとに、8個の単眼カメラで周囲の車両を途切れることなく捕捉し続けられることを確 […]

  • 2018.09.17

NTTデータ、東京・豊洲で自動運転車両を用いたオンデマンド移動サービスの実証実験を実施

同実証では、地域住民に対し、3台の自動運転車両を用い、オンデマンド型で3拠点間の移動手段を提供。自動運転車両の運行に必要な、乗客からの配車依頼の受け付け、車両への走行指示、走行中の遠隔監視等を運行管制システムで実現する。 サイト名:IoTNews https://iotnews.jp/archives/107215

  • 2018.09.13

メルセデス・ベンツ、新モビリティコンセプト「Vision URBANETIC」を発表

同コンセプトは、ボディー交換式自動運転車だ。すなわち、用途にあわせて、電気パワートレーンを搭載したシャーシーにボディーを乗せ換えるという仕組みである。 ライドシェアや乗員輸送に使うボディーには12人が乗車できる。貨物用のボディーではスペースの効率的な利用を目指し、貨物スペースを2つのレベルに分けることが可能で、ヨーロッパスタンダードパレットの10台まで運ぶことができる https://iotnew […]

  • 2018.09.09

自動運転技術に取り組む46社まとめ【CBI調査】

自動運転に取り組む企業の一覧を米調査会社CB Insightsが公表している。対象となるのは株式公開企業を中心とする大企業で、複数社による提携で実現している事例も含まれる。2015年に公表した際に25社だったリストは今回の改訂で46社に拡大した。 サイト名:The Bridge http://thebridge.jp/2018/09/46-corporations-working-on-auton […]

  • 2018.09.09

Yandex、ロシア・タタールスタンの科学特区「Innopolis」の公開実験で欧州向け自動運転タクシーの取り組みを加速

ロシアのインターネット大手 Yandex(Яндекс)は、生まれたばかりの科学特区「 Innopolis (Иннополис)」で自律走行による配車サービスを新たに開始すると発表した。 サイト名:The Bridge http://thebridge.jp/2018/09/yandex-leads-europes-autonomous-taxi-push-with-public-test-la […]

  • 2018.09.09

新型Audi A8日本上陸 「レベル3自動運転」めざし、LiDAR含む23基のセンサー搭載

同モデルは、レーザースキャナー(LiDAR)1個を含む23個のセンサーによる最先端の運転支援システムを搭載。実質的には「レベル3自動運転」に対応するハードウェアが備わっていますが、法規制の問題から「レベル3」はうたえず、機能的にも「レベル2」対応に留まります。 サイト名:ENGADGET https://japanese.engadget.com/2018/09/05/audi-a8-23-ai/ […]

  • 2018.09.09

ZMP、自動運転車用の製品開発に向けたプラットフォームを販売開始

株式会社ZMPは、自動運転車両の普及する時代にむけ、自動車関連メーカーが様々な自動運転車用製品を実際の自動運転車両上で開発・検証するための自動運転プラットフォームと、顧客が同プラットフォーム上で製品検証を継続的に実施するための技術サポートの提供を開始する。 サイト名:IoTNews https://iotnews.jp/archives/106241

  • 2018.09.06

アップル、自動運転AIの「意思」をヒトに事前通知 驚愕の特許、搭載実現に向け研究開発加速

米アップルが、自動運転中のAI(人工知能)動作をカウントダウンして表示する技術の特許を申請したことが、2018年8月30日までに明らかになった。同社の自動運転技術開発プロジェクト「Titan」で採用されるものとみられる。 サイト名:自動運転LAB https://jidounten-lab.com/w_5512

  • 2018.09.06

【ZMP特集#4】話す宅配ロボ CarriRo DeliveryとTiCA デモは卒業、商業化へ—AI自動運転最前線・イノベーション・自動車革命

連載4回目では宅配ロボット「CarriRo Delivery」に焦点を当てる。東京都港区の商業施設「品川インターシティ」での実証実験の様子のほか、電通国際情報サービスのオープンイノベーションラボが開発する遠隔コミュニケーションデバイス「TiCA」にも注目だ。 サイト名:自動運転LAB https://jidounten-lab.com/u_4993

1 4