Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

技術/ツール

2/5ページ
  • 2018.09.17

Microsoftがドラッグ&ドロップでAIアプリを作るLobeを買収――Azure ML Studioの強化へ

今日(米国時間9/13)、MicrosoftはAIスタートアップのLobeを買収したことを発表した。 Lobeは簡単なドラッグ&ドロップによって高度な機械学習モデルが制作できるシステムだ。今年に入ってベータ版がリリースされたLobeをMicrosoftは独自のAIモデル開発に利用する計画だ。ただし当面、Lobeは従来どおりの運営を続ける。Lobeチームは次のように述べている。 サイト名:T […]

  • 2018.09.17

結果だけではなく理由と根拠(ロジック)も明示、AIの適用領域を拡大する世界初の「説明可能なAI」

ディープラーニングの実用化でAIの可能性は高まったが、その判断プロセスは不明であり、これが適用可能領域を限定する要因になっていた。この問題を解決するため、富士通は世界で初めて「説明可能なAI」を開発した。 サイト名:日経XTECH https://tech.nikkeibp.co.jp/it/atclact/activesp/17/090300088/

  • 2018.09.13

NTTデータとLeapMind、ディープラーニング活用コンサル&学習データ作成BPOサービスを提供開始

同サービスでは、NTTデータの技術者が顧客の学習データ作成から組込みディープラーニング開発および運用までをサポート。LeapMindの提供するディープラーニング関連ソリューション(「DeLTA-Mark」、「DeLTA-Lite」)を活用し、学習データ作成では、AI領域のBPOを強みとするNTTデータ・スマートソーシングと連携してサービス提供を行う。 サイト名:IoTNews https://io […]

  • 2018.09.09

電気化学現象でAIの限界突破へ、「意思決定イオニクスデバイス」を開発

NIMSの国際ナノアーキテクト研究拠点ナノイオニクスデバイスグループは、経験をイオンや分子の濃度変化として記憶し、デバイス自ら迅速に意思決定を行う「意思決定イオニクスデバイス」を開発し、その動作実証に成功したと発表した サイト名:MONOist http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1809/08/news010.html

  • 2018.09.09

ハカルスとPALTEK、AI搭載のFPGA製品とボックスコンピュータの共同開発を開始——莫大な学習データ不要のスパースモデリング技術を活用

HACARUS-X は、ディープラーニングを使わない軽量な人工知能パッケージで、少ないデータから特徴を抽出することに優れるスパースモデリング技術を機械学習に応用したもの。今回、PALTEK が提供する FPGA やボックスコンピュータに HACARUS-X を搭載することで、高速化・小型化・低消費電力化のニーズに対応した人工知能デバイスを提供する。 サイト名:The Bridge http://t […]

  • 2018.09.09

世界3大クラウド 顔認識AIの実力

クラウド上の学習済みAI(人工知能)サービスが充実してきた。そのなかでも、画像分析AIの一種で、人の顔を識別したり、表情を読み解いたりする「顔認識AI」は、マーケティングをはじめ様々な応用が期待される。世界3大クラウドの顔認識AIの精度を検証した。 サイト名:日経XTECH https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/sys/18/031900010/0827 […]

  • 2018.09.09

IoT・ブロックチェーン・AI――次世代ソリューションの“3種の神器”はOracle Cloudで組み合わせることでパワーが倍加する

日本オラクル株式会社 クラウドプラットフォーム戦略統括 大橋雅人氏が注目しているのが、IoTとブロックチェーンである。AI、IoT、ブロックチェーンの3つが融合して生み出す次世代のソリューションは、多くの産業でビジネスの有り様を変える力を持ちうるからだ。 サイト名:EX https://enterprisezine.jp/dbonline/detail/11023

  • 2018.09.09

AIを信頼して使えるように、日立の研究所が安全担保手法を提案

AI(DNNを使う処理)では、処理がブラックボックス内で行われるため、「AIが出してきた解で本当に大丈夫か」という不安がつきまとう。そこで、金川氏らのグループは、AI処理と組み合わせる安全検証機能の開発を行うことにした。これによって、失敗の許されないような制御において、人知を超えた安全な最適解を提供できるようになるという。例えば、自動運転車の想定外の事故がなくなったり、プラントなどの長期間稼働する […]

1 2 5