Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

技術/ツール

1/5ページ
  • 2018.11.10

「AIの偏見をなくす」 IBMの新たなアプローチ

解決の難しい問題がある。AIの品質は、AIに供給されるデータによって決まるため、データにバイアスが存在していれば、AIはそれを反映した意思決定を行うという問題だ。IBMの新しいアプローチは、「AIがもつバイアス」という問題により適切に取り組むための、新しい理解のレイヤーを加える可能性がある。 サイト名:Forbes https://forbesjapan.com/articles/detail/2 […]

  • 2018.11.10

機械学習の性能と品質を測る、新ベンチマークMLPerfが登場

機械学習の業界標準ベンチマーク「MLPerf」が間もなく登場する。米フェイスブック(Facebook)が2018年9月13日にシリコンバレーで開催した「@Scale Conference」でその内容が明らかになった。AI専用プロセッサの多様化に対応し、異なるアーキテクチャ間で性能を比較できるようにすることが狙いだ。 サイト名:日経XTECH https://tech.nikkeibp.co.jp/ […]

  • 2018.11.10

ディープラーニング機能を拡張したMATLAB/Simulinkの最新版「Release 2018b」

MathWorksは、MATLAB/Simulink製品ファミリーの最新版「Release 2018b」を発表した。Release 2018bでは、製品ファミリー全体にわたる新機能追加やバグ修正が行われた他、ディープラーニングに関する機能が大幅に強化された。 サイト名:TechFactory http://techfactory.itmedia.co.jp/tf/articles/1809/28/ […]

  • 2018.11.10

約22000人のクラウドワーカーが学習データを作る!GengoAIのチャーリーに聞いた自然言語処理でのデータの重要性!

今回は、Uberで自動運転のプロジェクトに携わった後、自然言語処理に当たる教師データ作成を行う株式会社Gengoに参画したチャーリーワルター(以下チャーリー)にインタビューしました。 サイト名:AINOW http://ainow.ai/2018/09/24/147120/?fbclid=IwAR2XoSQnyFkp7YMOgrjCHoyHziWuNX2PEoDEW8jlR09x9Vdqx3LfV […]

  • 2018.09.18

NVIDIAのフアンCEOが日本で初披露、組み込みAI向け新製品「NVIDIA AGX」 (1/2)

NVIDIAのユーザーイベント「GTC Japan 2018」の初日に行われた基調講演に、創業者兼CEOのジェンスン・フアン氏が登壇。組み込みAIを可能にする新たな製品ラインアップ「NVIDIA AGX」のローンチを発表するとともに、国内の製造業がAI開発プラットフォームとしてNVIDIAのGPUや開発プラットフォームを広く採用していることをアピールした。 サイト名:MONOist http:// […]

  • 2018.09.18

NVIDIAが医療・ヘルスケア向けの「NVIDIA Claraプラットフォーム」を発表、レガシー医療機器の能力も劇的に向上

NVIDIA は次世代の医療機器に AI の恩恵をもたらすハードウェアとソフトウェアを組み合わせ、疾病を早期に発見、診断および治療するためのパワフルなツールとなる「NVIDIA Clara」プラットフォームを公開したことを9月14日に発表した。 サイト名:ロボスタ https://robotstart.info/2018/09/16/nvidia-gtcjapan-clara.html

  • 2018.09.18

GPU一強に待った、IntelがAI画像認識に本格参戦

OpenVINOは、コンピュータービジョン用途のプロセッサーのソフトを開発するためのツールである。画像認識で大きな成果を出している深層学習(ディープラーニング)技術の活用を前提にしており、その実行環境をMPUとアクセラレーターの組み合わせで実現する点が特徴だ。「これまでDNNの学習や推論ではGPUが主流だったが、IntelとしてはMPUとアクセラレーターの組み合わせを提案したい」(Ballon氏) […]

  • 2018.09.17

Diffbot、AIによるナレッジグラフをローンチ——人、場所、モノに関する1兆件の情報を網羅

Diffbot のウェブクローラーは、コンピュータビジョンと自然言語処理の技術を組み合わせ、事実上ほぼすべてのウェブサイトのレイアウトと構造を解析できる。Tung 氏の話では、Diffbot は事実についての記述、数字、モノとモノの関係を抽出し、全ウェブサイトの約90%、約20種類のページタイプをカバーできるという。 サイト名:The Bridge http://thebridge.jp/2018 […]

1 5