Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

企業戦略

1/4ページ
  • 2018.11.10

次世代AI開発拠点FUJIFILM Creative AI Center「Brain(s)」が社会課題を解決する

次世代AI開発拠点「Brains」は、富士フイルムHDによりAI技術の発展を目的として開設された施設。富士フイルムHDのAI技術開発促進の場としてはもちろん、AI研究を進める企業とのコラボレーションの場、AI人材育成の場としても活用されます。 サイト名:Ledge.ai https://ledge.ai/brain-s/

  • 2018.11.10

「第三の波」AIに20億ドル、DARPAが開発を加速

そしてDARPAが次に目指す第三の波は「文脈適応」だ。文脈(コンテクスト)に基づいて推論を行い、「変化する状況に機械が適応できる」システムという。 サイト名:クラウドWATCH https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/infostand/1144587.html?fbclid=IwAR0-aEOtzxRurPO-x-I-7Ly6bStWiinvz […]

  • 2018.09.18

Google Street ViewのライバルMapilleryは、Amazonと協力して3億5000万枚の画像DBからテキストを読み込んでいる

スウェーデンのスタートアップMapillaryは、クラウドソーシングによるストリート映像を使うことで、Googleやその他の企業たちに世界の地図化で対抗することを狙う企業だ。そのMapillaryがこのたび、そのプラットホームの開発の中で興味深い一歩を踏み出した。同社は現在、Amazonと協力し、特にそのRekognition APIを使って、Mapillaryの3億5000万枚の画像データの中か […]

  • 2018.09.18

なぜ、京王電鉄は「AIベンチャー」を立ち上げる必要性があったのか? (1/4)

クラウド導入やシステム内製化など、京王グループのシステム分野に“スピード改革”をもたらしている虻川さん。今はAIベンチャーの社長も務めているが、立ち上げの裏にはレガシービジネスならではの危機感があったという。 サイト名:ITmedia http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1809/14/news048.html

  • 2018.09.17

サムスンの英AIセンター、表情解析&ヘルスケアAIを開発中

Pantic氏によれば、人間の表情を正確に理解するには、瞳や首回り、口元などを全体を同時に認識しなければならない。また、例えばうつ病患者と健康な人では笑い方が異なる。同センターでは、人間の表情を正確に把握しつつ、身体や精神の異常を早期発見できる人工知能を開発中だという。 今後、サムスン電子の製品を使用することで、高齢者の認知症・うつ病などの疾患、もしくは兆候を検出し、本人や家族に伝えることができる […]

  • 2018.09.17

なぜインテルはコンピュータビジョンに注力するのか、エッジへの分散処理が鍵に

インテルがAI技術の1つとして注目されている「コンピュータビジョン」への取り組みについて説明。2018年5月に発表した無償のコンピュータビジョン開発ソフトウェア「OpenVINOツールキット」は日本市場でも浸透しつつあるという。 サイト名:MONOist http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1809/12/news053.html

  • 2018.09.09

IBMはデータプラットフォーマーとして「GAFA」に対抗するのか

日本IBMが9月4日、企業のデジタル化を推進し、AIの導入や新たなビジネスモデル構築に資するデータプラットフォーム事業について記者説明会を開いた。内容は個々の企業がデータプラットフォームを構築・運用するために必要な取り組みや各種ツールを整備・拡充したというものだ。 サイト名:ZDNET https://japan.zdnet.com/article/35125156/

  • 2018.09.09

「Edge TPU」から考えるGoogleのAI戦略 AWSやAzureに対する競争力は?

コビーラス氏は、Googleの競争戦略を示す別の例として、Edge TPUソフトウェア開発キットの導入を強調する。まだβ版であるこの開発キットは、現時点ではアクセスを申請したユーザーのみが利用可能だ。このキットでGoogleのクラウド環境内にアプリケーションを構築することが可能であることを開発者にアピールする。この戦略で、充実した開発者支援体制を持つAmazonやMicrosoftと肩を並べようと […]

  • 2018.09.09

マイクロソフトが、技術はあっても AIスピーカーを作らない理由

日本ではAI研究であまり話題にならないマイクロソフト。しかし、25年にわたるAI研究の技術が騒がれないのには理由がある。マイクロソフトは、「その先」を狙っているのだ。なぜマイクロソフトのAI研究は圧倒的に強いのか。なぜ、技術はあってもAIスピーカーを作らないのか。マイクロソフトが目指すのはどんな世界なのか。3000人以上を取材したブックライターの上阪徹氏が、日米幹部への徹底取材で同社の全貌を描きだ […]

  • 2018.08.25

GoogleのAI開発アプローチを探る──Google I/O 2018

Googleが毎年開催している大型のイベント「Google I/O 2018」。開発者向けではあるが、Googleが“今”と“未来”をどのように考えているのかが詳細に語られるため、次のビジネスのヒントを得られる有意義なカンファレンスとして人気を博している。 サイト名:DiGITALIST https://project.nikkeibp.co.jp/atcldgl/feature/05270000 […]

1 4