Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

ロボット

1/6ページ
  • 2018.11.10

ハタプロとリクルートテクノロジーズ、カメラ付きの四輪駆動AIロボットを共同開発

ロボットの使用例としては、「遠隔地からのオープンキャンパス参加」やインバウンド対応を見越した「遠隔ホテル内見」などが挙げられている。さらに、今回検証した遠隔操作・遠隔情報把握技術を各店舗カメラと組み合わせることにより、空席・混雑状況把握への活用もすることも可能だ。 サイト名:ロボスタ https://robotstart.info/2018/09/20/hatapro-recruittech.ht […]

  • 2018.09.18

自律AIロボットや自動運転の開発を加速する「NVIDIA AGX」を多数の日本企業が導入!CEO基調講演で発表【GTC Japan 2018】

Huang)氏は冒頭、次のように語った。 「今日、話したいことは大きく分けて3つあります。コンピュータグラフィクス、ハイパフォーマンス・コンピュータとAI、AIの次のウェーブとなるロボットです」 NVIDIAは自動運転だけでなく、ロボット開発もAI技術によって加速させることを宣言、多くの日本企業をパートナーとして具体的に発表した。 サイト名:ロボスタ https://robotstart.info […]

  • 2018.09.17

コウモリのように反響音を利用して移動する完全自律型ロボット「Robat」

「Robat」は完全自律型の陸上ロボットで、音を放射して反響音を分析することで移動し(コウモリが飛ぶのと同じような仕組みだ)、正確な空間地図を生成する。将来のロボティクスアプリケーションでの音の使用に関して、Robatは「非常に大きな可能性」を示していると開発者は述べている。 サイト名:CNET JAPAN https://japan.cnet.com/article/35125404/

  • 2018.09.17

Ankiのキュートな家庭用ロボットは、厳しい競争を生き残れるのか?

「期待が大きすぎたうえに、得たものが小さすぎました」と語るのは、消費者向けロボットを調査しているトラクティカ(Tractica)のリサーチ責任者、アディチャ・カウルだ。「これはSFや大衆文化と関係があります。わたしたちがロボットに期待することは、実際には得られないのです サイト名:WIERD https://wired.jp/2018/09/11/ankis-new-home-robot/

  • 2018.09.13

ZMPと凸版印刷、物流支援ロボット「CarriRo」とICタグで完全自動棚卸

同ソリューションは、路面に貼られたランドマークをCarriRoに搭載したカメラにより識別することで進行方向を定め、完全な自律走行を実現したCarriRoが、電波を外向きに照射するRFIDリーダを搭載したRFIDキットをけん引することで、CarriRoが無人走行をしながらRFIDを読み取るという。同ソリューションの実現により、大きな労力を要する棚卸作業のさらなる効率化、省人化に貢献する。 サイト名: […]

  • 2018.09.09

トヨタ自動車が製造工場にSLAM式AI搬送ロボットを導入 ギークプラスの「EVE500M」

同製品は、ロボットが周囲の状況を確認しながら最適なルートを走行する「SLAM方式」を採用することにより、工場の床面の工事をすることなく、商品、部品など様々な商品を作業者の手元まで搬送することができる。また、高性能レーザーセンサーによる障害物検知機能を搭載しているため、作業者とフォークリフトとの安全な共存が可能としている。 サイト名:ロボスタ https://robotstart.info/2018 […]

  • 2018.09.09

遠隔操作ロボットで「東京・竹芝から小笠原諸島を体験」抽選で70名、応募受付開始

通信とロボティクスの融合により、一般消費者が時間と距離を超越して、小笠原父島の魅力に触れる事ができる体験イベントの応募受付が開始された。これは、Telexistence株式会社が提供するテレイグジスタンス技術を活用して、行われるイベント。ロボットとVR技術により、東京・竹芝から小笠原諸島のロボットに乗り移り、島の魅力を体感(見る・聞く・触る)することができる。 サイト名:ロボスタ https:// […]

  • 2018.09.09

ロボティクスとAIを活用したプロダクト ーIFA2018レポート3

今回、キーノートを担当したLGだが、そのブースでは中央に様々な用途のロボットが展示されていた。(記事トップ画像) これらのロボットは、いずれも画像認識や音声認識エンジン、ロボティクス、自動走行の技術をコアとして、自律走行するものだ。 サイト名:IoTNews https://iotnews.jp/archives/106383

  • 2018.09.09

ZMPの物流支援ロボット「CarriRo」、工場での運搬業務効率化へ導入

CarriRo選定の理由として、「コストパフォーマンスに優れている」、「バージョンアップにて自律移動にも対応」、「安全面が優れている(エリアセンサー、4段階の速度調整機能)」、「作業用途に応じて様々なモードが選択可能」、「8時間の連続稼動が可能」といった点を挙げている。 サイト名:IoTNews https://iotnews.jp/archives/106207

1 6