Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

トレンド

1/14ページ
  • 2018.11.10

「世を捨てよ、クマを狩ろう」落合陽一が語る、超AI時代の生き抜き方【THE AI 2nd 基調講演レポート】

超AIとは、「すごいAI」という意味ではありません。「メタAI」という意味で、人的システムやハードウェア実装、社会システムも含めて、「AIによって定義されるソフトシステムだけでは解決できない問題をどう解決するか」ということに焦点が当てることをテーマにした言葉です。 すなわち、我々は、コンピュータ内のデータだけでは解決できない課題や、AIと呼ばれるソフトシステムに基づいてどのようなコミュニティを形成 […]

  • 2018.11.10

期待外れに要注意、ポンコツAIシステムを回避する術

AI(人工知能)の業務システムへの適用が増えるにつれ、当初の期待とは程遠い「ポンコツAIシステム」を多く目にするようになっている。ポンコツAIシステムに陥るのを避けるには、AIシステムを意識した開発プロセスを採用する必要がある。 サイト名:日経XTECH https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/mag/sys/18/092600041/092600001/?n_c […]

  • 2018.11.10

AIのボトルネックはハードウェアにある。現在のAIを取り巻く7つの問題

ここ数年、機械学習をはじめとしたAI技術は凄まじいスピードで進化しており、さまざまな企業が優れたソフトウェアを研究、開発しています。しかし、それを搭載するハードウェアには、以下の7つの問題が残されている、とYang氏は語ります。 サイト名:Ledge.ai https://ledge.ai/tech-in-asia-jerry-yang/

  • 2018.11.10

自称「AIエンジニア」が大量発生しているヤバイ現実

現在は空前のAI(人工知能)ブームだが、多くの日本人には「AI」とは何か、その論理的背景がほとんど理解されていない。しかも日本の「AIエンジニア」と呼称されるエンジニアにおいても、似たような現状がある。 サイト名:マネー現代 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57542?fbclid=IwAR2XYZ0MMFqzrwwI0Ab7-TQmJxJ-d0G4dka […]

  • 2018.09.19

日本の音声技術普及率、アジア太平洋市場の中では低調――iProspect調べ

「過去6カ月の間に音声技術の利用頻度が上昇した」人は56%、「この先1年間音声認識を使い続ける意志がある」人は95%に上りました。 そんな中、日本では音声技術の利用者は回答者のうち40%と、他の5カ国よりも低い利用率となりました。「音声技術を使用している」と答えた人でも、「月に1度しか使用頻度がない」が20%と、音声技術が日常的なアシスタント機能としては定着していないことがうかがえます。また、「一 […]

  • 2018.09.18

米国を横目に中国がしかける「AI政策」次の一手

教育部が主管していることでお分かりいただけると思うが、同組織の最大の目標は「AI人材」の育成だ。中国・教育部は、今年4月に発表した「大学人工知能技術革新行動計画」を推進中だが、同組織の発足により、産業界と教育・研究界の交流をさらに活性化させることを目標としている。なお諮問チームは人材育成のための政策的提案を、実務チームが具体的な実務業務を担当することになる。 サイト名:Forbes https:/ […]

  • 2018.09.18

AIに使えるデータはわずか30%、ただちに企業データを「AI Ready」にせよ

AIやIoTといった言葉は、今や一般のテレビやラジオでも頻繁に使われるようになった。IT業界もこぞってこれらに取り組んでおり、AIやIoTを利用する、対応するだけではもはや何ら優位性にもならなくなった。とはいえ、これらをビジネスに適用し大きな成功を収めている企業がたくさんあるかと言うと、そんなことはない。これまでデータウェアハウスとBIでビッグデータを活用するのさえままならなかったのだから、それら […]

  • 2018.09.18

深層学習の「次」を研究する MITのAIプロジェクトは 何を目指すのか?

マサチューセッツ工科大学(MIT)が立ち上げたAIの大規模な新プロジェクト「MIT知性の探求(MIT Quest for Intelligence)」は何を目指すのか。責任者であるジョシュア・テネンバウム教授が、MITテクノロジーレビュー主催カンファレンス「EmTech(エムテック)」で語った。 サイト名:MIT Technology Review https://www.technologyre […]

  • 2018.09.17

人工知能以上に盛り上がる、中国のスパコン・量子コンピューター開発

2030年に人工知能分野のグローバルリーダーになる。中国が掲げるこの目標を達成するためにはスパコンや量子コンピューターの存在が欠かせない。 2014年、中国政府は人工知能開発に約1,500億ドル(約16兆5,000億円)の投資を行うと発表。2017年までにその3分の1に相当する額が準備されたといわれている。さらに2017年7月に発表された国家戦略には、2030年までに中国が人工知能分野のグローバル […]

1 14