Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

活用事例

  • 2018.09.11

ダイナミックな曲面による、初めての3Dプリンターの家

ブランチテクノロジーと、WATG Designsが設計した3Dプリントの家「Curve Appeal」は、洗練された曲線をもつ箱形のデザインが特徴的です。 「Curve Appeal」は、ブランチ・テクノロジーの2016フリーフォーム・ホーム・デザイン・チャレンジの入賞作品です。 サイト名:MakersLove https://makerslove.com/21068.html  

  • 2018.08.19

金属3Dプリント、量産現場の奮闘記 ―導入は易し、本当の挑戦はそれから―

3Dプリンティングはその驚異的な性質から多くの注目を集めています。アディティブ製造とも呼ばれるこの技術によって、これまではコストがかかりすぎる、あるいは絶対に設計不可能であった特殊な形状を作ることができ、まさに設計者にとって新たな道が切り開かれました。並外れた可能性を秘めた技術ですが、GEの技術者であるピーター・マルティネロは冷静に分析しています。「1つの部品を造るためだけにアディティブ製造技術を […]

  • 2018.08.18

「HP Jet Fusion 3D」による直接製造で補給部品の金型管理コストや手間を軽減

日本HPは、「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」を導入したSOLIZE Productsと協力し、2018年7月から自動車や家電メーカー向けに補給部品の生産・管理に関するコンサルティングサービスを開始した。 サイト名:TechFactory http://techfactory.itmedia.co.jp/tf/articles/1808/08/news00 […]

  • 2018.08.07

ここまでできる、3Dプリンティングでの製造 -ストラタシス・ジャパン 代表取締役社長 片山氏インタビュー

もともと、3Dプリンタは「試作」に使われることが多かった。しかし、現在では、試作への活用はもとより、製品そのものを作っていくという方向にも向かっているのだという。製品」と「試作」の差はどこにあるのだろう。 サイト名:IoTnews https://iotnews.jp/archives/103592

  • 2018.08.07

AI活用の3Dプリント義足で「義足を持てない患者」救出へ、インスタリムがフィリピンで実証実験を開始

3Dプリンティングと機械学習技術を活用することで、低価格な新しい義肢装具を開発するインスタリム。同社は7月25日、フィリピンにて3Dプリント義足の製品化に向けた実証実験を始めたことを明らかにした サイト名:Techcrunch https://jp.techcrunch.com/2018/07/25/instalimb-philippines/  

  • 2018.08.05

IOTと3D技術で、自宅で靴のオーダーメイドができる端末が発表

ミリメーターは、3D計測や 3Dプリンタなどの独自技術で、フルオーダーメイドの女性靴『Eoluna』を製造しているベンチャー企業です。現在では、足を計測するIOT機器を開発しているそうです。今回は、据え置きタイプの3D計測器を2018年9月から提供することが発表されました。 サイト名:MakersLove http://makerslove.com/19495.html

  • 2018.08.05

3Dプリンターで製造された驚きの製品5つ

3Dプリントは、ニッチなプロトタイプ製造の領域から大量生産の領域へと何歩も大きく踏み出したのだ。2017年に3Dプリンターで製造された最も印象的なものを振り返り、製造されたものが未来の何の前兆かもあわせて見ていくことにしよう。 サイト名:MIT Technology  Review https://www.technologyreview.jp/s/68651/the-five-most-amaz […]