Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

トレンド

  • 2018.08.18

国内3Dプリンティング市場の実績と予測を発表

IDC Japanは、国内3Dプリンティング市場の実績と予測を発表した。2017年の総売上額は前年比8.9%増の308億円。今後はプロフェッショナル向けが伸びると見込まれ、2022年の市場規模を476億円と予測する。 サイト名:MONOist http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1807/30/news055.html  

  • 2018.08.07

2022年国内3Dプリンタ市場は476億円規模に、関連サービスや造形材料市場も堅調

2017年の国内3Dプリンティング市場の総売上額は、前年比8.9%増の308億円だったという。IDCは、国内3Dプリンティング市場の2017~2022年の年間平均成長率(CAGR)を9.1%、2022年の市場規模を476億円と予測している。 サイト名:TechFactory http://techfactory.itmedia.co.jp/tf/articles/1807/27/news003.h […]

  • 2018.08.06

3Dデータ中心の製品開発は靴づくりに何をもたらすのか?

このような3Dデータ中心の製品開発を実現することで、靴づくりの在り方も変わっていくものと考えられます。例えば、靴づくりの工程も従来のウオーターフォール型からアジャイル型へシフトし、3Dプリンタをはじめとする新しい製造手法を用いることで参入障壁も低くなりプレイヤーも増え、靴づくりを取り巻く環境も大きく変わる可能性があります。 サイト名:TechFactory http://techfactory.i […]

  • 2018.08.05

なぜ3Dプリンタは「製造の現場に革命」を起こすことができたのか

3D CADや3D CGデータを元に立体を造形する技術として、プロトタイプの制作に活用されている「3Dプリンティング技術」。近年の技術の進歩により、精密性が求められる分野でも実用化が進んでおり、「アディティブ・マニュファクチャリング」として注目を集めている。本稿では、アディティブ・マニュファクチャリングとは何かについて、最新の3Dプリンタ情報や活用事例、3Dスキャナ検査を交えて分かりやすく解説する […]

  • 2018.08.05

国内製造業の3Dプリンタ普及は「緩やか」、試作や冶具製作以外での活用は少ない

同調査分析結果によると、国内製造業のうち3Dプリンタを活用している上位3業種は、「生産用機械器具製造」「輸送用機械器具製造」「電気機械器具製造」であった。3Dプリンタの活用領域としては、試作品の製作で利用されるケースが85.7%と最も多く、67.8%の企業が冶具や特殊ツールの作製で3Dプリンタを使用しているという結果となった。これに対し、金型や砂型、最終製品およびパーツの製造で利用している割合は約 […]