Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

ICO

1/2ページ
ICO
  • 2018.09.13

ビットコインETF拒否に反対で一躍有名 SEC「クリプト・ママ」の思想が明らかに

米国証券取引委員会(SEC)のへスター・ピアース委員が、先週CNBCのインタビューに答えて、規制機関はアメリカ人が最も大切にする原則の一つ「選択の自由」を尊重するべきだと発言した。7月にピアース氏は、SECがウィンクルボス兄弟が申請していたビットコインETFを拒否したことに反対を表明していて、市場関係者の間ではビットコインETF承認に向けた希望の光とみられている。 サイト名:COINTELEGRA […]

ICO
  • 2018.09.13

ICOトークンをセキュリティと規定する新規制がUAE承認見込み

アラブ首長国連邦(UAE)の金融当局は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)規制の最終段階にきているようだ。デジタルトークンをセキュリティとみなし、目的に合った規制のフレームワークを発表するという。ファイナンス・マグネイトが伝えた。 サイト名:COINTELEGRAPH https://jp.cointelegraph.com/news/uae-approves-plans-to-regul […]

ICO
  • 2018.08.25

【ブロックショーアメリカ2018レポート】2日目がスタート、ビットコインETFなどを議論

ブロックショーアメリカ2018の2日目。2008年の金融危機を予言した「破滅博士」ことヌリエル・ルビーニ博士と、セルシウスネットワークのアレックス・マシンスキー氏との間で、仮想通貨の有用性について議論が行われた。ルビーニ氏は「仮想通貨の世界には安全はない」とし、「そこには民主主義もなければ、非中央集権的でもない」と語った。 サイト名:COINTELEGRAPH https://jp.cointel […]

ICO
  • 2018.08.18

テックビューロ「国内でのICOは困難」、COMSA事業の進捗状況を報告

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロは6日、同社のICOプラットフォーム「COMSA」のホワイトペーパーに記載した事業の進捗状況について報告し、日本での新規のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)は困難との見方を示した。 サイト名:COINTELEGRAPH https://jp.cointelegraph.com/news/tech-bureau-said-ico-is-diffi […]

ICO
  • 2018.08.18

仮想通貨スタートアップの新たな資金調達法「TEC」【セレス×シンクロライフ対談】

トークンエコノミーを導入したグルメSNS「シンクロライフ」を提供するGINKAN(東京・新宿)は10日、株式にトークン転換権を導入し販売するという新しい手法で資金調達したと発表した。第三者割当増資の引受先はスマートフォンメディア事業を手がけるセレスと元サイバードホールディングス代表取締役会長の小村富士夫氏。シンクロライフ内で流通するトークン(SynchroCoin、SYC)に交換できる権利をGIN […]

ICO
  • 2018.08.06

何千もの暗号通貨プロジェクトがすでに死んだ、そして詐欺も多い

失敗した暗号通貨プロジェクトの目録を熱心に作り続けているCoinopsyとDeadCoinsによると、2018年に失敗したプロジェクトは現時点(6月)で1000を超える。それらのプロジェクトは、本物のabandonware(アバンダンウェア)から単なる詐欺にいたるまでさまざまで、その中には、二人の“自称兄弟”Jack/Jay Brigによる詐欺BRIGや、SECによる捜査で終わったTitanium […]

ICO NO IMAGE
  • 2018.08.05

「自治体初のICO」は、名誉挽回の好機となるか?

仮想通貨技術を使った「ICO(Initial Coin Offering/新規仮想通貨公開)の8割は詐欺と言われ、おおむねその通りだが、興味深い動きもある。カリフォルニア州バークレー市が、ICOによる市債の発行を行うというのだ。ベン・バートレット市議はこれを「Initial Community Offering」と名付けており、起債に伴う仲介手数料などの削減につなげる狙いがあるという。 サイト名: […]

ICO
  • 2018.08.05

仮想通貨による地域通貨やICOによる地方活性化は可能か?

結論から言うとICOや地域仮想通貨による地方活性化は不可能であると断言させていただきます。最近地方創生などの文脈でICOや仮想通貨を利用が提唱されていて打出の小槌のような扱いがされていることを懸念しています。例えば落合陽一氏の日本再興戦略では地域通貨の活用による地方創生が提唱されて、それ以外の施策は載っていません。 ICOや地域通貨などのトークンを軸にした利益獲得手法をトークンエコノミーと呼びます […]

ICO
  • 2018.08.05

欧米でICOマーケットへの本格調査開始 専門機関が動き出す

EU・米国の規制当局が、2018年の重要調査対象にICO市場を挙げた。米証券取引委員会(SEC)と欧州証券市場監督局(ESMA)は、インターネットを通じて資金を集めることができるICO(イニシアル・コイン・オファリング)の現状把握および、市場のモニタリングを強化するとした。 サイト名:BTCN https://btcnews.jp/wbszzldl14978/