Edutech Partnersは御社のあらゆるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

08 デジタルマーケティング

1/21ページ
  • 2018.11.10

デジタルメディアの利用実態は?約4割が「SNSのフォロワー数=ブランド価値」に同意【デロイト調査】

中でも際立っていたのは、Z世代を始めとする若年層はニュース情報をソーシャルメディアで取得する傾向にあるということだ。また28~51歳までの層では、「Yahoo! ニュース」「Smartnews」「Gunosy」といった様々なコンテンツや情報を収集して配信するアグリゲーターに比べ、テレビでニュース情報を取得する割合が高かった。 サイト名:MarkeZine https://markezine.jp/ […]

  • 2018.11.10

チラシを動画広告化! DNP、Kaizen Platformおよびロカリオと連携した新サービスを開始

大日本印刷(以下、DNP)は9月21日、Kaizen Platformおよびロカリオと連携し、折り込みチラシと動画広告を同じタイミングで配信できるサービスを開始した。 サイト名:MarkeZine https://markezine.jp/article/detail/29305?fbclid=IwAR19EsNzxETw2Zh4cl84-5DEmh5oBshq-vYMqzLCI_6WoBINkY […]

  • 2018.11.10

デジタルインテリジェンスとカタリナが提携 テレビCM×デジタル×店舗クーポンでマーケ投資を最適化

提携の第一弾として、テレビCMとデジタル広告効果の統合的な最大化に向け、マーケティング投資の最適化提案サービスをカタリナと共同提供する。 サイト名:MarkeZine https://markezine.jp/article/detail/29300?fbclid=IwAR0jJRgas1WPuxTH6Zg-ZimfmtZE-klYxKdmQQVTLjg3XdutIiQkYPKfLXo   […]

  • 2018.09.19

ドミノ・ピザ ジャパンは「メールマーケティングあるある」な悩みをどう乗り越えたのか (1/2)

デジタルに早くから取り組んできたにもかかわらず、数年間の足踏み状態が続いていたのはなぜか。それには、膨大なデータを蓄積できていたものの、せっかくのデータ資産をマーケティングキャンペーンに十分に活用できていなかったことが影響している。 「メールマーケティングにおける配信対象のセグメントを抽出する際、条件設定が細かくなればなるほど、SQL文の実行に時間がかかりました」と武井氏は語る。 サイト名:ITm […]

  • 2018.09.19

いつでもどこでも購入が可能な世界――顧客のインスピレーションとコンバージョンの距離が近づきつつある (1/2)

コマースを取り巻く状況は驚くほどのスピードで変化しています。テクノロジーの進化により、いつでも、どこにいても購入が可能で、かつ商品発見から購買までのプロセスを短くするための手法も出てきています。また消費者の生活を学習して、消費者の欲しいものを欲しいタイミングでレコメンドする技術も進化しています。 ただし、テクノロジーが進んでも、消費者がモノを購入するという行動は変わらず、消費者に自社商品を購入して […]

  • 2018.09.19

Candee、ソーシャルライブコマース「Live Shop!」アカウントを法人向けに開放

ソーシャルライブコマースアプリ「Live Shop!(ライブショップ)」を運営するCandeeは2018年9月12日、店舗や企業などの法人向けにLive Shop!アカウントを開放すると発表した。第一弾としてファッションECの「DaTuRa」「E hyphen world gallery」「FIG&VIPER」「LIDNM」「MILKFED」「StyleBoatMarket」「X-girl […]

  • 2018.09.18

サブスクリプション 、「購入者」をいかに維持すべきか?:パブリッシャー各社が取り組む新課題

さらに多くのパブリッシャーがサブスクリプションモデルを検討し、その戦術とメトリクスが進化している。それつれて、サブスクリプション型パブリッシャーに付き物の課題であるサブスクライバー維持への取り組みが、新たな重要性を帯びている。 サイト名:DIGIDAY https://digiday.jp/publishers/2018-retention-year-publishers-managing-sub […]

SNS
  • 2018.09.18

インスタ「ストーリー広告」の現状を示す、5つのチャート

インスタグラムに広告予算が流れている。ストーリーの流行により、インスタグラムへの広告投資は急激に増えている。電通傘下の企業、マークル(Merkle)が実施した自身のクライアント分析によると、2018年の第2四半期のインスタグラムへの広告投資の割合は、Facebookと同等の23%を占めていたという。 サイト名:DIGIDAY https://digiday.jp/platforms/state-a […]

  • 2018.09.18

「 消費者ベネフィット 」の定義に役立つ、6つの質問:ベネフィットセリング習得の第一歩

消費者の購買意欲を掻き立てるためには、マーケターが売りたいと思う製品の機能ではなく、消費者が求めるベネフィットを伝えなければなりません。ベネフィットは、消費者の視点から得られる状況改善を意味し、製品機能と表裏一体です。製品機能に立脚するベネフィットは、ブランドの定義には欠かせません。 サイト名:DIGIDAY https://digiday.jp/agencies/six-questions-to […]

1 21